キーワード選定は難しい?基本的な考え方を紹介

未分類


キーワード選定が難しいと感じる人はいるはずです。
検索エンジンからアクセスを集めるには、キーワード選定は必須です。
今回は、キーワードに対する考え方を紹介したいと思います。

キーワード選定の基本的なやり方

キーワード選定をする時は、ラッコキーワードを使うもしくは気になるキーワードをGoogleで入力します。
そして虫眼鏡キーワードもしくは、その他のキーワードという所から選んでいます。

需要があるキーワードなのでここから選べば間違いないわけです。
クリックして辿っていけば色んな関連語が出てくるようになります。
タイトルの付け方は工夫が必要ですが、キーワード選定自体は難しくなくて簡単です。
主要キーワードは左側に来るように配置しましょう。

上位表示されているサイトが強かったり、競合が多い場合は別のキーワードを探します。
ちなみにラッコキーワードというツールを使えば、単語を洗い出すことができたり
ヤフー知恵袋やキーワードの人気度を調べることができます。

キーワードに対する考え方

キーワードに対する考え方は以下です。

ロングテールキーワードを狙う

ロングテールキーワードとは、複数の単語を組み合わせたニッチなキーワードです。
ビッグキーワードで上位表示することは難しいですが、スモールキーワードなら
ライバルが弱いので、狙って上位表示できる場合もあります。
難易度はジャンルによって様々で、マイナージャンルならすんなり上げることができたりします。
こういったブログ運営系はレベルの高い記事が上位にいるので難易度は高めだと思います。

ネガティブキーワード

ネガティブキーワードとは、無駄とかやめたいとかキツいとかネガティブ要素を含んだキーワードです。
ネガティブワードは成約には繋がりにくいですが、検索する人が多いので集客には使えます。
悩みや疑問は尽きないですし、どちらかといえばネガティブなものが多いからです。
使いすぎると印象が悪くなったりすることもあるのでアクセントとして使う感じです。

成約に近いキーワードは競合が強い

◯◯口コミ評判、商標、◯◯Amazon、おすすめ、価格など成約に近いキーワードは
アフィリエイターがひしめいていてかなりレッドオーシャンです。
上位表示できれば成果が出るので、内容のある記事を書けるなら狙った方がいいですね。
使ったことがない商品やサービスを紹介すると内容が薄くなるので、使ったことがある物を紹介しましょう。
少し単語の言い回しを変えたりズラしというテクニックが使われることもあります。

1キーワード1アンサー

キーワードに対するアンサーをわかりやすく書くことが大切です。
1記事つき1キーワードで答えることが重要で、アレコレ書きすぎると
検索意図からズレてしまう場合があります。

アクセスアップをするには?

いまいちアクセスが伸びないという人は以下を意識してみましょう。

・需要のあるキーワードを選ぶ
・有益かつ独自性の高い記事を書く
・ターゲットを絞る
・1500文字前後で書く

オリジナリティの高い記事を書くには、熱量を持って語れることや
やはり自分が詳しいことをテーマにして書くことが大切です。
価値は情報の非対称性から生まれるのでマニアックなくらいが丁度いいのです。
質の低い記事を多更新してアクセスが集まらないのはよくあるパターンなので
1500文字前後のボリュームのある記事を書くようにしましょう。
デザインや見栄えに拘りがちですが、しっかりしたコンテンツが書くことが一番大事です。

まとめ

キーワード選定自体は基本を抑えれば難しくはありません。
検索ボリュームを調べるツールなどもあるので、利用すると良いと思います。
狙うジャンルやキーワードによって難易度は大きく変わります。