webライティングの基本とは?初心者が意識したいこと。

WEBライティング


・webライティングの基本を知りたい
・上手く文章が書けない・・

SNSやブログなど文章で発信することの重要性が高まっている時代なので、
こんな人は増えていると思います。
ライティングスキルを身に付けるとビジネスや様々なものに応用が効きます。
今回はwebライティングの基本や意識したいことを紹介していきます。

webライティングの基本とは?

webライティングでは、PREP法やPASONAの法則がよく使われます。

PREP法は結論→理由→具体例→結論の順番で書きます。

検索エンジンから訪れるユーザーは、
キーワードに対する答えが早く知りたいのでなるべく上の方に結論があるのが好ましいです。
無駄な情報が多ければ、答えにたどり着くまで時間が掛かってしまいます。

ブログ記事などのライティングでは、冒頭でメリットを提示したり
読み手の悩みをあぶり出すことが多いです。
そうすることによって問題を解決する記事構成になるからです。

小難しいことを考えずに好きなことを自由に書いてもいいのですが
型を意識しつつライティングをすれば、物事をより論理的に伝えることができます。

webライティングで意識すべきこと

webライティングで意識したいのは以下です。

・見出しを使いこなす
・リサーチ行う
・見やすさを意識する
・感情を動かす文章を書く

見出しを使いこなす

見出しがなければ、文章に着地点がなくなってしまうので非常に読みにくいです。
H1H 2H3の順番で見出しを正しく使うことで、整理された読みやすい構成になります。
先に大まかな見出しを作っておくと、スムーズに記事を作成できるはずです。

事前にリサーチを行う

記事を執筆する前にキーワード選定や情報収集をしてリサーチを行うのは基本です。
知識のある分野ならリサーチなしでも書けることは多いですが、
思いつきで記事を書くと行き当たりばったりな文章になってしまいます。
上手い人のブログを読むだけでも学びになる部分は沢山あります。

見やすさを意識する

ユーザーは文字を一字一句読んでいるのではなくて、全体的に眺めています。
囲い枠や吹き出しを使ったりすると視覚的にも読みやすくなります。
専門用語や難しい漢字があるならひらがなにしたり工夫すると柔らかい文章になります。
ボリュームなども考慮しつつ、見やすいかどうかを意識しましょう。

感情を動かす文章を書く

文章を書く目的は、読み手の感情を動かしたり行動させることです。
感情を揺さぶることができれば、商品を得ることも容易くなります。
なので、心理学を学んだりストーリ的な伝え方を理解することは重要です。
より具体的に状況を描いたり、どのような未来が得られるのかを提示することで
読み手が頭の中でイメージしやすくなります。

webライティング上達に必要なマインド

ライティングが上手くなるためのマインド的な部分を紹介します。

プロの目線で語る

文章を書く時はプロの目線で堂々と語ることが大切です。
やはり初心者よりできる人から教わりたいというのが人間心理です。
文体や雰囲気から、自信のなさは伝わります。
完璧に書こうとする必要はないのですが、自信を持って書きましょう。
曖昧な表現をするより断定的に語った方が説得力ある文章になります。

息を吐くように文章を書く

webライティングが上手くなるには、息を吐くように文章を書きましょう。
気が向いた時に・・とか本業の片手間で・・ならスピード感が遅くなってしまいます。
1日3000〜5000文字くらいをノルマに書きまくっていると
自分に合った表現方法とか、得意なジャンルが見えてくるようになります。
やはり量をこなすことは上達する上で一番効果的です。

本を読みまくる

webライティングに関する本は沢山出ているので、読んでみると参考になる部分は多いです。
「10倍売る人の文章術」「沈黙のwebライティング」「ザ・コピーライティング」
初心者の方はこの辺りがおすすめです。
小説など普段から活字に多く触れることは文章力の向上にも繋がります。

まとめ

WEBライティングを身に付けることはブログで集客する上でも重要です。
基礎的な部分をマスターすることで、徐々に使いこなせるようになります。