情報発信とは?メリットやデメリットについて解説

未分類

ブログやSNSを使って情報発信をすることは様々なメリットがあります。
情報発信するメリットやデメリットについて紹介します。

情報発信とは?

自分の持っている知識や考えをネットの媒体を使って発信することを情報発信といいます。
情報発信でよく使われるプラットフォームは主に
ブログ、ツイッター、youtube、line@、Facebook、インスタグラムなど様々です。
最近だと、voicyなどの音声メディアを使った発信するのも流行っていますよね。
それぞれの特性を踏まえて、自分に合ったSNSを選ぶと良いでしょう。
SNSで影響力を持つインフルエンサーなども登場しており、発信には様々な利点があります。

情報発信をするメリット

情報発信をするメリットは以下です。

コストを掛けずに集客ができる

良い発信をすれば、それに共感した人が集まってきたりフォロワーが増えます。
自分と価値観の合う人とだけ繋がれるので、仲間ができることもあります。
SNSのフォロワー数は認知度や影響力の指標のようにもなります。
広告費などを掛けずに集客ができるというのも情報発信のメリットでしょう。
ブログは多少維持費が掛かりますが、多くのSNSは無料で始めることができます。
誰でも簡単に始められる点で、ハードルが低いといえます。

情報が得られる

SNSで役立つ情報を発信すれば、何らかのフィードバックが得られ、情報が集まります。
自分では当たり前だと思っていることが誰かの役に立ってビジネスになることもあります。
ブログやSNSがきっかけで、仕事に繋がったという人も少なくありません。
発信すればするほど、チャンスが得られやすくなるのです。

拡散力がある

ツイッターにはRT機能があり、バズったら1回の発信が多くの人に見られます。
通常の営業だと、1人か2人にしかアプローチできませんがネットなら
100人、1000人以上に見られる可能性すらあります。
大きくレバレッジを効かせられることが情報発信のメリットです。

資産性がある

ツイッター等のSNSはフロー型の発信ですが、ブログはストック型なので資産性があります。
自分の投稿がWEB上に残り、検索エンジンなどから読まれ続けるのでブログは資産性が高いです。
コンテンツは作品みたいなもので、発信者にとっては大事なものです。

情報発信のデメリット

炎上のリスク

SNSなどで影響力が大きくなると、些細な発言で炎上することもあります。
匿名とはいえ、見られていることを意識して発信することが大切だと思います。
炎上は目立つことができますが、信用を失うことに繋がるので得策ではありませんね。

プライバシーなど

顔出しなどをすると、特定などに繋がるリスクがあります。
プライバシーに関する情報などはなるべく出さないようにしましょう。

情報発信力を高めるには?

発信力を高めるには、こまめにブログやSNSを更新することが大事です。
今は発信者が増えているので、少しでも休むと、すぐに忘れ去られてしまいます。
コツコツ発信することによってファンが増えて、影響力に繋がります。

SNSではポディショニングも大事なので、一つの分野について詳しくなりましょう。
自分を魅力的に見せるためのブランディングとかを考える必要があります。
発信の質を高めるには、やはり量をこなすことが大事だと思います。
試行回数を増やせば、徐々に上手くいくパターンが見えてくるからです。
また日頃から情報収集をして、気になったニュースについて言及してみるとか
思いついたアイデアを実行することも大切です。

まとめ

情報発信をすることは非常にメリットが大きいので、やって損はないといえます。
誰もがブログやSNSを使って発信をするべき時代なのです。