SEO対策は必要か?最近の傾向など

検索エンジンで上位表示をしようと思えば、seo対策は必要です。

しかし、最近は記事を書く時に昔よりSEOを意識しなくなりました。

手法としては、有効ですが古くなっている面もあります。

ブログのSEO対策は必要かどうかや今の傾向について紹介します。

SEOの難易度は上がっている

以前よりseoを意識しなくなった理由は

・個性が薄れる

・競合サイトが強い

・SNSの台頭

・長文を書くのが面倒

 

SEO対策を意識しすぎると長文になったり個性が薄れて機械的な記事になりがちです。

ガチガチにSEO対策を施した記事は堅い感じの印象になります。

1000とか2000文字以上の長文を書くのも時間と労力が掛かります。

企業やライバルサイトが強いというのも、SEOを意識しなくなった理由の一つです。

このような副業やブログ運営系のテーマは特に競合が強いです。

作り込んだクオリティの高い記事が出てきます。

ニッチなテーマでなければ、今のSEOで上位表示をすることは難しいでしょう。

最低限のSEO対策は必要

とはいえ、最低限のSEO対策は必要だと考えています。

・キーワードを入れる

・検索意図を満たす

・内容を充実させる

・被リンクを集める

 

等です。

 

タイトルにキーワードを含めるだけでも何もしないよりかは

検索エンジンで引っ掛かりやすくなります。

長い間取り組んできたことや得意なことを活かせば、濃い記事が書けます。

seoでは、コンテンツ力だけではなく、ドメインパワーや被リンクも重要です。

サイトを長く運営すれば、ドメインは少しずつ育っていきます。

権威性や独自性があると、検索エンジンからの評価は高くなります。

基本的には地味な作業の繰り返しなので、向き不向きはあります。

snsの方が効率が良い

単純に発信ツールとしては、ブログよりsnsの方が効率が良いのです。

ブログは記事を書いてから上位表示をするまでに時間が掛かります。

それに対して、ツイッターは、投稿してすぐにユーザーにリーチすることができます。

情報発信は、スピードや鮮度が重要なので、SNSの方が向いています。

集客にしても検索エンジンだけでなく、snsなどを活用するのも良いでしょう。

今はどちらかというとyoutube、tiktokなど動画メディアの時代です。

テキスト文化も根強く残っているので、一定の需要はありますが..

マネタイズの手段としては、必ずしもブログである必要はないです。

ブログは好きなように書けばいい

ブログは自由に表現できるのが強みである為、好きなように書けば良いのです。

SEOや記事構成など、ルールに縛られすぎると、本来の魅力を失うことは多々あります。

書くことが好きという気持ちを忘れると、ブログは長続きしにくいです。

オリジナルな記事を書いた上で新しい視点や気づきが得られるというのが理想です。

検索エンジンではなく、ファンに向けて書くというのも良いでしょう。

結果として、ページ滞在時間が上がりseoに好影響が出ることもあります。

自分に合った運営の方法を見つけるというのが大切です。