PR

フリーライターの仕事をする為のコツ

ブログやライターで上手くいくには、少しコツが要ります。

僕は数年、文章を書くことを仕事にしてきました。

この記事では、フリーライターで上手くいくコツを紹介します。

フリーライターの仕事をするコツ

フリーライターといっても、意味は幅広いですが、簡単にいうと

執筆することをメインとした自由業のことです。

 

自分のWebサイトを持つ

ライターでも自分のWebサイトを持っておくとメリットは多いです。

アピールになりますし、仕事に繋がるケースもあります。

ブログを書くことで、マーケティングやSEO等のスキルが付いていきます。

ブログは自分の書いた記事が資産になるという特徴があります。

長期的に見ると、ブログを運営する方がラクになっていくのです。

ジャンルを意識する

ライターで上手くいくには、ジャンルを意識するということが重要です。

単価の良いジャンルで記事を書くのがポイントです。

例えば、投資、転職、副業、美容、商品紹介等…

幅広いジャンルで記事を書けるのは、ライターとしては重要なスキルです。

その為には、情報収集や知識を付けていくことも必要でしょう。

僕自身も様々なジャンルのWebサイトを持っています。

得意分野やジャンルをより深めていくということも大事です。

自分の体験談を書く

ライターは、自分の体験談が書けると良いでしょう。

自分のことをストーリーテイストに書くことが出来れば、

読む側が共感しやすい記事が書けるのです。

ブログの良い所は、自分が経験したことをコンテンツに出来る所です。

ノウハウは、体験談を入れることでリアル感が出て伝わりやすくなります。

語彙や言い回しのバリエーションを増やすと、良いと思います。

色んな媒体で記事を書く

フリーライターとして、スキルアップしてきたら色んな媒体で

記事を書くというのもおすすめです。

例えば、Webメディア、Kindle出版、note、寄稿等..

文章力を活かせるメディアは沢山ありますので、チャレンジしていくのもアリです。

収益化

ライターとして上手くいくには、収益化を考えることも重要です。

ASPを使ったアフィリエイトやnote販売等、収益化方法は色々あります。

クラウドソーシング系のサイトで、ライターの案件をするのも良いでしょう。

情報発信では、役に立つことや価値を生み出すことがポイントです。

仕事環境を整える

ライターは仕事環境を整えることで作業効率が高まります。

デスクや椅子、ローテーブル、タイピングしやすいパソコン等、

リラックスして記事を書ける環境があれば、捗りやすくなります。

 

まとめ

ライティングというのは、簡単に見えて奥が深いです。

得意分野や経験が活かせるのは、執筆の良い所です。

パソコンとネット環境があれば出来るというのもライターの魅力です。