アウトプットとは?効果的なやり方を解説。

未分類

f:id:mutr:20191224124933j:plain

アウトプットとは?

アウトプットとは、英語でoutput(出力) の意味を持ちます。
主にビジネスにおいて、本を読んだ知識や学んだことを発信する時に使われます。
アウトプットすることにより、フィードバックが得られ成果を得ることに繋がります。

1のアウトプットには10のインプットが必要

1のアウトプットを生み出すには10にインプットが必要と言われています。
アウトプットが出来ない人はそもそもインプット量が足りていない人が多いのです。
インプットする方法はテレビ、ブログ、youtube、kindle書籍など様々なやり方があります。
インプットのやり方も奥が深いですが、本を流し読みして必要な情報だけを仕入れると効率が良いです。

効果的なアウトプット方法

発信媒体(プラットフォーム)を多く持つ

ブロガーをやっている人はブログしかアウトプットする媒体を持っていないイメージですが
稼いでいる人はnote、Twitter、インスタ、youtube、のように横展開して様々なプラットフォームで情報発信をしています。
発信媒体がブログだけの場合、単純にアウトプット不足の状態に陥りやすいのです。
アウトプットする量が増えれば、当然得られる成果も大きくなります。

音声でもアウトプットをする。

テキストによるアウトプットよりもラジオ音声の方が情報量が多くてよく伝わります。
ラジオトークやspoonのような音声配信が出来るアプリも続々出てきています。
テキストによる発信は限界があり、文章の場合どうしても表現が攻撃的になる傾向があります。
今後、情報発信者に求められている能力は間違いなく「話す能力」です。

外出して人と話す

インターネットで発信をするだけではなく、リアルで外出したり人と話したりすることもアウトプットになります。
私は効率的にアウトプットしたい場合、電車や駅前のような人が沢山居る場所へ行くようにしています。
リアルでのアウトプットは人が多い都会の方が有利になってきます。
アウトプット効率を高めるにはネットとリアルにおいてバランス良く露出を増やすことが大事なのです。

アウトプットがアウトプットを生む

アウトプットする為にもアウトプットが必要なのです。
ブログもアウトプットをすればフィードバックが得られ不思議とネタが入ってきます。
インプットするだけでアウトプット出来ない人を「インプットデブ」いいます。
アウトプットの効率を最大まで高めるには「情報の循環」を作ることが大事なのです。

まとめ

アウトプットすることはアフィリエイトのようなビジネスで成果を出したい場合必須です。
自分が持っている知識や経験は出し惜しみせずどんどんアウトプットしていきましょう。