ブログが読まれないを解消する方法

ブログ運営

f:id:mutr:20200622161904p:plain
ブログをやっているけど読まれないと悩んでいる人は多いのではないのでしょうか?
読まれるブログにはある程度特徴があります。
ブログが読まれない理由と改善策を紹介します。

なぜブログが読まれないのか?

基本的には集客が出来ていないのが主な理由だと思います。
役立つ記事を書いたり、キーワード選定をして検索エンジンから集客する必要があります。
検索意図を満たしつつ、ボリュームのある記事を書くことが大切です。

読まれるブログにするには?

キーワード選定をする

まずブログを書くときは必ずキーワード選定をします。
キーワード選定をせず適当に記事を書くと検索流入の無い記事になります。
goodkeyword – Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール
私がよく使っているのはgoodkeywordというツールです。
他にもウーバサジェスト等、検索需要まで調べられるツールがありますが
初心者は最低限のキーワード選定だけやれば十分だと思います。
例えば、アフィリエイトを入れると「やり方」「おすすめ」「A8」等出てくるので
メインキーワードと組み合わせてタイトルを付けて記事を書くのです。
キーワードはタイトルに2つか3つくらい入れると検索エンジンで引っ掛かりやすくなります。
タイトルに入れてないキーワードでも見出しに含ませると効果があります。

画像を入れる

ブログ記事に画像を入れないと、無味無臭な印象になってしまいます。
画像は自分で撮った写真がベストですが、無ければフリー画像を使いましょう。
フリー画像サイトはいらすとやが有名ですが私がよく使っているのは下です。
写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK
画像は基本的にタイトル下に1つ必ず入れます。
そして小見出しの下等にもサイズを縮小させて入れます。
画像はだいたい1記事辺り2つ以上使った方が良いでしょう。

目次と見出しを付ける

見出しを付けずに記事を書くと着地点が無くなるので読みにくい文章になります。
記事に目次と見出しを付けることでコンテンツが整理されて読みやすくなります。
はてなブログには目次と見出しを入れる機能が搭載されています。
見出しは全部H1でも問題ないのですが、SEOを意識するのであればH1H2H3の順番で正しく使った方が良いでしょう。

文字数は多ければ良いわけではない

一般的にはブログは1000文字以上書くのが良いとか2000文字以上書けと言われていますが、文字数は多ければ良いわけではありません。
文字数が多ければ、完読率が下がり最後まで読まれないことが多くなります。
良い文章というのは最後まで読まれる文章のことです。
500文字程度の短い文章でも読み手に内容が伝われば十分なのです。

ブログはたった1人に向けて書く

ブログは画面の向こうのたった一人に向けて書くことが大事です。
10人全員に響く記事よりも1人に伝わる記事の方が価値が高いのです。
同じ人が他の記事を読んだり何度も読み返すのでアクセスが伸びます。
基本的にはみなさんではなくて、あなたです。
自己満足ではなく、その記事が誰の役に立っているのかを考えることが重要です。

自分の書きやすいやり方で良い

読まれやすいブログの型というのはありますが、自分に合った書き方でも問題はないです。
あまり形式に囚われるとブログが書くことが楽しくなくなってしまうからです。
ブログは辞書やウィキペディアではありません。
文章を綺麗に書こうとしないことが読まれるブログを書くコツです。
ただ情報をまとめただけの記事ではなく、あなた独自の視点が必要なのです。

まとめ

読まれるブログを書くことはコツさえ掴めばそこまで難しくはありません。
基本的には自分の体験したことや知識ある分野で書いていくことが大事です。