ブログの文字数の目安と最適なボリュームについて

ブログ運営

f:id:mutr:20201102200147p:plain
ブログの文字数は何文字が良いのか気になりますよね?
1記事辺り、何文字書くか決めて執筆している人も多いと思います。
文字数はどれくらい書けば良いのか?について書いていきます。

ブログの文字数の目安は?

1記事何文字が最適か

人間は一分辺りだいたい1000文字前後の文字を読むことが出来るようです。
私的に最適だと感じているのは1500〜2000文字くらいのボリュームですね。
これくらいだと読んでて疲れない上に、検索エンジンからの流入も普通に取れます。
キーワードや記事のテーマによって最適な文字数というものは変わってくるでしょう。
3000文字を超えると読者目線だと少し長いと感じるはずです。なので私は2000文字前後を目安にして執筆することが多いです。
書きやすいと感じる文字数は人によって異なるので、基本的には少なすぎなければ問題ないです。

上位表示を目指すなら2000文字は書きたい

ニッチなキーワードなら1000〜2000文字くらいでも上位表示は出来ますが、
大きなキーワードを取りに行きたいなら3000文字以上のボリュームは必要でしょう。
SEO上位表示している記事は図解などを使って質が高く、普通に5000文字以上書いてたりします。
1500〜2000文字は外注ライター等の競合が激しいので基本レッドオーシャンです。
つまり今のSEOで上位表示する記事を書くのはかなりハードな作業なのです。
いっそのことSEOを捨てて、SNSやリピーターからの流入で勝負するというのもアリです。
SEOライティングが得意な人なら長文かつ網羅性のある記事を書いて上位表示を狙いましょう。

1000文字以下の記事

1000文字以下の記事はダメかというとそういうわけではありません。
短くても要点がまとまっていれば良い文章だと言えますし、普通に読まれます。
Google砲でバズった記事があるのですが、その記事は900文字くらいしか書いていません。
その後も検索エンジンで上位を取りずっとキープし続けています。
例えば、雑誌の芸能人や読者モデルのコメントは一行や二行ですが、それでもファンは喜びます。
日記ブログをやっている人なら800文字くらいでも全然問題ないと思います。

文字数よりも大切なこと

文章は長ければ良いというわけではない

文字数というのは多ければ良ければいいというわけではありません。
長ければその分、見出しを最適化したり吹き出しを入れたり読まれる工夫が必要になります。
文章をこねくり回したりして文字数を稼いだ記事は明らかに違和感があります。
SEOは文字数以外にも、内容やオリジナリティページ滞在時間など様々な要素が絡みます。
自分にとっても読者にとっても書いてて負担の無い文字数で書くことが大切です。

共感出来る記事を書くことが大事

ブログで大事なのは読者が共感する文章を書くことです。
長文の記事を書こうとすれば、機械的で独りよがりな文章になってしまいがちです。
結果的に直帰率が上がりページ滞在時間が少なくなりSEO的にもマイナスになります。
なので文章は長ければ良いというわけではなく、とにかく分かりやすく書くことが大事です。
長い文章を読むのが好きな人も居れば、短い文章が好きだという人もいます。
120%を目指すのではなく、少し完成度を下げることが成功のコツだったりします。

まとめ

ちなみにこの記事は1500文字くらいです。
文章は長ければ良いというわけではないので、自分なりに書きやすい文字数を見つけましょう。