ブログに飽きるタイミングとやるべきこと。

未分類

f:id:mutr:20210504233929p:plain
ブログを長くやっている人は飽きたと感じる人も少なくないはずです。
今回はブログに飽きたと感じた時にやるべきことを紹介します。

ブログに飽きるタイミングとは?

ブログに飽きる理由は、人それぞれでしょう。

・文章を書くことが苦痛
・稼げなくなった
・めんどくさい
・本業が忙しい

などなど。
私はブログを2年以上やっていますが、飽きてきたというのはあります。
1記事書くのに3時間以上掛かることもありますし意外とめんどくさいんですよね。
しっかり作業すれば稼げますが、最初は労力に大して成果が見合っていない感じ。
仕事であることを意識すると書くことが徐々に苦痛に感じるようになります。
本業が忙しくなってブログに割く暇が無くなったという人も居るでしょう。
手間隙を考えるとyoutubeの方が投稿に時間が掛からないですしラクです。

ブログに飽きた時にやるべきこと。

ブログに飽きたと感じた時は以下を試してみましょう

・SNSをやめる
・情報収集する
・他の副業を試す
・遊びに行く

SNSをやめてみる

ブログを書くことに集中できないのはSNSが原因かもしれません。
ツイッターの短い文章に慣れると、ブログで長文が書けなくなることがあります。
SNSは交流を求めている人も多いので、ぶっちゃけ無駄が多いと思います。
勢いのあるインフルエンサーばかりが目立つので、モチベーションが低下しやすいです。
イマイチ執筆に集中できない時はSNSをやめてみましょう。

情報収集をする

本を読んだり、他の人のサイトを見て情報収集をすればブログに書くネタが見つかるかもしれません。
良質なインプットをすれば自然とアウトプットをしたくなるものです。
Kindleの音声読み上げの2倍速機能はかなり便利なので、よく使っています。
今は無料でいくらでも情報が手に入る為、恵まれた時代だなと感じます。

他の副業を試す

ブログは参入者がどんどん増えているので、かなりレッドオーシャンです。
なぜブログが人気があるかというと顔出しなしで出来るリスクが低い副業だからです。
情報発信はブログに拘る必要はなくて、インスタとかでも問題はないと思います。
youtubeは市場が大きくこれからまだまだ伸びるので、参入余事はあります。
トークが得意な人は音声メディアなんかもわりと狙い目です。
動画編集やプログラミング、イラストなど他の副業に挑戦するのもアリですね。

遊びに行く

ブログを書くという作業は地味で泥臭いので、結構ストレスが溜まります。
そんな時は、いっそのこと旅行にでも行って気分転換すれば良いと思います。
旅行に行って写真を撮れば、ブログのネタにすることも出来ますし
ストレスが解消されれば、再び文章が書きたくなることはよくあります。
あくまでブログは手段なので、上手く気分転換しつつやることは大事です。

挫折しそうなら更新のハードルを下げてみる

ブログが飽きた、挫折しそうだと感じる時はハードルを下げてみましょう。
例えば、普段なら2000文字書くのを1000文字で妥協するとか..
編集画面を開いて3分だけ思いつくことを自由に書いてみるとか・・
クオリティを意識するとなかなか更新出来なくなりますからね。
早い人なら30分で1記事書ける人もいるので、サクっと書いてしまえば良いのです。
気分が乗らない時でもとりあえずやってみるという姿勢は大事だと思います。

ブログは飽きたけどやめない

正直、ブログは飽きてきましたが、基本的にやめることはないですね。
文章を書くことは癒し効果がありますし、ビジネスとしても優秀だからです。
初期費用がほとんど掛からず、在庫を抱えることもないのでリスクは0です。
また作ったコンテンツがネット上に蓄積されるので、資産性もあります。
というか私は社会で働けない気質なので、ネットしか食っていく術がないのです。
1000記事以上書いたら、相当文章が好きじゃない限り誰でも飽きると思いますw
やめたらそこで終わりなので、飽きつつも継続するというスタンツが良いでしょう。

まとめ

ブログを辞めるのは勿体ないので、飽きつつも継続しましょう。
気分が乗らない時は更新をハードルを下げることをおすすめします。
文章が向いていないと感じる人は、youtuberや他の副業も検討しましょう。