最近ブログを書く時に意識しているポイント

f:id:mutr:20210518142758j:plain

どういう風にブログを書けば、読まれるかわからない人は多いはずです。

自分がブログを書く時に意識していることを紹介したいと思います。

 

ブログを書く際に意識していること。

私がブログを書く際に意識しているポイントは以下です。

有益な記事を書こうとしない

ブログは役立つ記事を書かなければいけないと思い込んでいる人は多いです。

有益な記事を書かなければいけないという思い込みのせいで、いつまで経っても書けない時も….

個人ブログなんて、所詮は素人の発信なので、情報自体に大した価値はないと思ってます。

ノウハウよりも、書き手の日常や考えに興味があるという場合は多々あります。

だから本音だったり、書きたいことを自由に書けば良いのです。

最初から良い記事は書けないので、まずは数をこなすことが大事ですね。

目線を下げる。

これも非常に重要なポイントで、上から目線でモノを言っても伝わらない場合が多い。

知識的にレベルが上がってくると、目線が高くなって説教くさい文章になりがち。

初心者向けのマーケティング、文章術を駆使するからよく読まれる記事になるんです。

小学生や老人に話すような感じで記事を書くと、伝わりやすい文章になります。

一文を短くしたりあえて平仮名を使うのも有効なテクニックですね。

読み手を理解する

自分のブログを読んでいる読者は誰なのか?正しく認識することは重要です。

結局、ブログを読んでいる人は、同じようなブロガーが多かったりします。

だから、色んな人のブログを読んだりして、どういうことで悩んでいるのか洗い出す。

悩みからネタを捻出すれば、何度も読み返されるような記事になります。

自分への意見は、的を得ている場合が多く、ブランディングの参考になります。

SEOを意識しすぎない

SEOだけを意識したブログは、読んでてつまらないです。

タイトルがわざとらしかったり、文字数増やしで長文になりがちだからです。

形式に当てはめて書くだけでは、オリジナリティがないので検索エンジンで上がりません。

独自のストーリーがあるブログは差別化が容易で長くやっていけると思います。

SEOよりも誰に向けて書いているのか?を意識しましょう。

なるべくジャンルを絞る

雑記ブログの場合は記事ごとに、ペルソナがバラバラになるので、

なるべくジャンルを絞っていくことを意識しています。

何でも出来るは、何も出来ないと一緒で、なんでも屋になると何も売れません。

特化型がベストですが、できればテーマは3つくらいに絞った方が良いでしょう。

専門家になるには出来ることを増やすよりも、捨てる勇気が必要です。

 

デザインや見栄えは重要ではない。

デザインや見栄えは重要ではなくて、大事なのは内容です。

ぶっちゃけ文章が書いてあって検索意図さえ満たせていればGoogleで上がります。 

デザインに気を取られて、価値提供するという本質を見失わないようにしましょう。

画像も使いすぎるとページが重くなるので、テキストだけでも問題はないです。

 

頑張るよりも楽しむことが大事

頑張る人は本気で楽しんでやっている人には勝てません。 

頑張るという言葉は嫌なことに耐えるというニュアンスを含んでいるからです。

文章を書くことが作業になってくると、やがて必ず飽きが来ます。

ブログにしても、仕事よりも、趣味の延長線上くらいの感覚の方が長続きします

書くことを楽しむという気持ちは持ち続けたいものですね。 

まとめ

本記事の内容をまとめると

・有益な記事を書こうとしない

・目線を下げる

・読み手を理解する

・SEO意識しすぎない

・ジャンルを絞る

 

こういったことを意識するとよく読まれる記事になります。

参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました