過去記事をリライトするコツと意識したいポイント

過去記事をリライトすることは重要だとよく言われます。

適切に手直しすることができれば、SEOに良い影響が出ることもあります。

今回はリライトする際に意識しておきたいポイントを解説します。

リライトのコツと意識したいポイント

過去記事のリライトで意識したいポイントは以下です。

キーワード選定とタイトルの付け方

ブログを開設して最初の方に書いた記事は、タイトルを適当に付けてしまいがちです。

SEOを意識するのであれば、複合キーワードを含んだタイトルを付けておきたい所です。

キーワード選定はラッコキーワードというサイトが定番で利用者が多いです。

タイトルの文字数は28〜32文字くらいが最適で、興味を引くタイトルが理想的。

また見出しにもキーワードを含ませると、SEO効果が高まります。

情報の網羅性

検索意図を満たしつつ、情報が網羅されているのが理想的です。

記事のボリュームが少ない場合は、リライト追記して情報量を増やすことは有効です。

似たような記事が複数ある場合は、1つに統合するとボリュームを増やすことができます。

タイトルと記事の内容が合っていないと、キーワードに対する答えがズレてしまいます。

色々詰め込むよりも基本的には、1記事1テーマを意識すると良いでしょう。

不要な記事を消す

内容が薄かったり低品質な記事はサイトの評価を下げることにも繋がります。

私は時事ネタとか、セールスの情報等、サイトのテーマと関連性の低い記事は消すことがあります。

昔書いた記事は今と比べると、どうしてもクオリティ面で劣るので、少し恥ずかしくなります。

ただ何気ない記事でも意味を持っている場合もあるので、消す時は慎重にやりましょう。

オリジナリティを意識する。

淡々と情報が書かれているだけの記事は独自性が低いと言えます。

筆者のキャラクターが見えてこない記事は読み手の共感が得られにくいです。

自身の体験談を交えながら書くことで、オリジナリティを出すことができます。

個人ブログは、少しマニアックな部分がある方が良かったりします。

リンクの見直し

アフィリエイト広告がリンク切れになったりとか案件が終了することは少なくないです。

広告位置や、文言を少し変えるだけでもCTRの改善に繋がる場合もあります。

よく読まれている記事は構成やリンクまでの導線を意識すると良いと思います。

リライトしなくて良い場合もある。

既に上位表示できている記事は、あまりリライトしない方が良いかもしれません。

下手に手直しをしたりすると、検索順位が下がってしまうこともあるからです。

網羅性が低くても、独自性やオリジナリティが評価されている場合もあります。

リライトの基本は加筆で、言い回しを変えたりしてもあんまり意味はないでしょう。

過去記事の添削よりも重要なのが、新たなコンテンツを更新し続けることです。

特に最初の方はリライトよりも記事を書くことに集中した方が良いと思います。

まとめ

今はSEOは難易度が高くなっている為、リライトの効果があるかどうかは正直微妙です。

検索エンジンだけでなく、読者目線を意識することも重要なポイントです。

わかりやすさを意識したり、回遊性を高めると、サイト全体の改善に繋がります。