良い文章の5つの条件とは?

ブログもそうですが、仕事でも文章を書く機会は意外と多いと思います。

良い文章とはどんな文章なのでしょうか?今回は良い文章の5つの条件を挙げていきます。

良い文章の条件5つ

主観と客観のバランスが良い

よくブログで自分語りするのはよくないと言われますが、良い文章ほど主観と客観のバランスが良いのです。

客観性も大切ですが、それだけだと情報の羅列のようになってしまいます。

自分の考えや主張がなければ、わざわざ個人ブログである必要はないと思うんですよね。

主観や体験談を交えて書くことでより、説得力ある文章になります。

長すぎない

文字数は多ければ多いほど良いというわけではないと思います。

SEOを意識するとどうしても、長い文章になってしまいがちですが

短い方がかえって要点がまとまって伝わりやすい文章になるということは多々あります。

文章が長すぎる場合は、不要な部分を削ってみると良い文章になるでしょう。

本音で語られている。

打算で書かれた文章よりも本音で誠実に語られている文章はよく人に伝わります。

本音を書くということは勇気が要りますが、ブロガーに忖度は必要ないのです。

人にどう思われるかを気にして、自分を抑えると良い文章を書くことはできません。

曖昧な表現でリスクヘッジをするよりも、断定的に語った方が魅力的な文章になります。

1記事1テーマ

問題提起をして、それに対する答えがしっかり書かれていると良い文章になります。

たまに1つの記事の中で、2つも3つもテーマを扱っているのを見受けられますが

基本的には、1記事1テーマで伝えたいことは1つに絞った方がいいです。

情報を正確に伝えるには、その分野に関する知識を付けることも大事です。

目的が明確である

文章を書く目的は、読み手を行動させるということです。

誰に向けて書いているのか?どのように行動して欲しいのかを明確にしましょう。

目的がハッキリしていなければ、内容が曖昧なものになってしまいます。

前提として、人は怠け者で行動したくない生き物なので、心理を読むことは大切です。

文章は自由に書けばいい

良い文章の条件を5つ挙げましたが、文章はもっと自由に表現してもいいのです。

型やルールに縛られると、かえって堅苦しくて、つまらない文章になります。

良質なアウトプットをするには、良いインプットが必要なので、情報収集はしましょう。

これが正解というものはないので、自分なりに考えて書くことが大事なのです。