脱サラで失敗するリスクを下げる為の方法

仕事を辞めて独立したり脱サラに憧れている人は多いと思います。

独立起業といえば・・スキルが必要だったり難しいイメージがあるでしょう

今回は脱サラで失敗するリスクを下げる方法を紹介します。

脱サラで失敗しないためには?

貯金を貯めておく

脱サラをすると無収入になってしまうこともあるので、数年は大丈夫な貯蓄を貯めておきましょう。

起業は1年目から上手くいくことは少ないと言われています。

ブログにしても2年以上やっても芽が出ないということは普通にあります。

資金に余裕がなければ落ち着いて事業に取り組むことができなくなります。

リスクが低い事業を行う

起業の経験がない場合、いきなり実業から入るとだいたい失敗します。

ネットビジネスなら初期費用がほとんど掛からず、失敗してもダメージが少ないです。

ブログやyoutuberなど簡単に始められるものが無難かと思われます。

情報発信は自分の知識を売りにするので原価が掛からず、利益率が高いです。

ブログで培ったマーケティングなどのスキルを生かして、実業に繋げている方は沢山います。

フリーランスとしてクラウドワークスなどで仕事をするというのも良いでしょう。

正しい知識を得る

起業で失敗してしまう人によく見られる特徴が自己流でやるということです。

自己流でやると間違った方向に進んだり、色々と遠回りになってしまいます。

本を読んだり、情報収集したり正しい知識を得ることは大事です。

どのようなやり方が上手くいくのかを知っておく必要があります。

メンターなどを見つけて、学ぶと知識を効率良く吸収できます。

一人でできるかどうか

基本的に一人でできるものがベターです。

人数が多くなるほどコミュニケーションコストが掛かります。

撤退が難しくなるなどのデメリットもあります。

起業は人脈が必要なイメージがありますが、一人で黙々と取り組む方が上手くいくケースは多いです。

 

行動力を身につける

実は行動しないということが一番のリスクでもあります。

失敗することを恐れていると、何も得られずに終わってしまうことも..

最初の方は特にガムシャラに動いていく必要はあるでしょう。

好奇心旺盛で落ち着きがないというか多動なくらいが丁度良いのです。

 

1つの事業にこだわらない

ブログを例に出すと1つの事業に注力しすぎるのは、わりとリスクが高いです。

アップデートで1000記事入ったサイトが飛んだりすると、シャレになりません。

複数のサイトを運営した方がリスク分散ができるので安定します。

1つのキャラクターに依存すると、炎上したりすると活動できなくなる時もあります。

snsなど横展開をした方がモチベーション的にも続きやすいと思います。

ネット上に仕組みを作っていくようなイメージですね。

労働者というよりもマーケターであることを意識しましょう。

 

まとめ

ブログを例にして脱サラで失敗しない方法を紹介しました。

知識を身に付けたりリスクヘッジをしておくことは大切だと思います。